2010年12月22日

さようならCRT、こんにちは液晶

 CRT(SONY製)を約10年使ったが、白浮きが目立ち発光具合や色の滲みも酷くなって目への負担を感じた。長年の酷使に頑張ったし、もう休ませようと思いディスプレイの買い換えることに。

 買う条件としては21インチ以上、画面解像度はフルHD(できたらWUXGA)。各メーカーのパンフやら実物チェックに費やすこと数ヶ月。吟味している間にも各メーカーからは次々と新機種が発売、スパイラル状態に陥いつつも、三菱のRDT232WXか型落ち狙いでRDT231WM-Xにしようと纏まりつつあった矢先、LGからIPS226V-PNが発売。IPSパネル+LEDバックライトでありながら、2万を切るという爆発的な安さで釘付けになった。反応速度の遅さが気になったものの、あまりに気になるようなら後からRDT232WXを購入すればいいか、ということで早速秋葉原へ。

 T-ZONEの店のシャッターにあった廃業のお知らせに物寂しい思いを抱きつつ、ツクモにて購入。リリカルなのはThe MOVIE 1stのDVD/BD版発売初日の平積みの山とはいかないものの、そこそこ在庫があったのでホッと一息。

 帰宅して早速モニタの交換。折角ビデオカードにHDMI端子があるのだから、HDMIケーブルを買っておけば良かった、と些か後悔。とりあえずDVIケーブルで暫く様子を見ることにした。
 そして電源ON。モニタの大きさもさることながら、モニタのON/OFFが非常に静穏だったことに驚いた。
 その後文字の大きさや色合いなどの諸設定。ノングレアながらもデフォルトのままだと発色具合が結構キツいので、半分以下に落としている。ちなみに設定はモニタ側の右下部にあるセンサー部分に指をタッチして行う。さながらタッチパネルを操作しているような手軽さだが、センサー部分が小さく指が認識し辛いのが欠点(「ボタンでも良かったんでない?」と脳裏でツッコミが発生したが気にしない)。
 ゲームはBALDR SKYやDiabloII、フリーゲームなどを適当に起動して確認をしたが、特に遅延を気にせずCRTの時とあまり違和感を感じずにプレイが出来た。動画も同様、別段不満を感じる程ではなかった。


 4:3から一足飛びに16:9のモニタへ移行したのでまだ画面に慣れていないが、それでも期待通りの良い物を買えた、と満足している。購入から1週間以上経つが、慣れてくるともう少し大きなモニタが欲しくなるから困る。


 今回の一曲:寺内 タケシ&ブルージーンズ / 津軽じょんがら(旧節)

 ばちで三味線をかき鳴らすがごとき寺さんのギターは圧巻だが、野太いベースの躍動感がたまらない。
posted by 煤 at 11:54| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

宝物

 これまでを振り返ってみると、サイン本は幾つか手にしたことはあれど、サイン色紙というものを手にしたことは皆無だった。他人が所有しているサイン色紙を手にした程度だ。
 サイン本はサイン会を行う書店や作家をチェックしていれば比較的容易に入手可能だが、サイン色紙というと勝手が違ってくる。応募すれどことごとく落選、イベントに参加しても落選。それだけに、個人的価値観としてサイン色紙というのは別格と言っていい。
 そんなことは自分だけではないが、生涯色紙に縁はないのではないかと思いつつも、一度は自分の所有するサイン色紙を手にしてみたい、という欲求は持ち続けていた。

 先日、家に宅配便の不在票が。確認するとどこかで目にしたことのあるメーカーの名前が。もしや、と思い目を追うと郵便物が「色紙」とあった。この時点でかなりパニくった。
 「いや待て、落ち着け」と気持ちを落ち着かせながら、何度も書かれていた名前等を確認したが、間違いなく自分の名前。
 後日、その郵便物を受け取り、恐る恐る開封(勿論、宛名などの確認もした)。中に簡素ながらも挨拶の紙と一緒に見紛うことのない色紙が入っていた。色紙を持つ手が震えた程、嬉しくて声に出すのを堪えるので必死だった。
 ましてやその色紙が、若手の声優の中で特に応援している野々村 紗夜さんのだから嬉しさも一入。


 色紙を手にしてから数日が経ったが、嬉しい反面、夢なんじゃないかと思うこともしばしば。
 よしんば夢であっても、これからもそのメーカー及び野々村さんを応援していくことには変わらない。


 某メーカー様。最高のプレゼントをありがとうございました。


 今回の一曲:CHiCO / Wake up World

 「ルミナスアークらじお放送部」で聴いた曲だが、良い曲だったなと思い出し最近サントラを購入。コーラスが心地良い。
posted by 煤 at 09:45| Comment(0) | 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。