2011年04月29日

IS?否、別物でござんす

 相変わらず秋葉原に行く度に「Hey」にあるオラタンをやっている。XLBAのオラタンをやりたいと思うものの生憎XBOX360を所有していないので、先のゲーセンで溜飲を下げている。

 家でまたオラタンをやりたいと思い、ドリームキャストを買い戻すことを検討したが、どうせならPCで何かないかと何気なく動画サイトを見ていた時に、「電装天使ヴァルフォース」の存在を知った。去年の秋のことだ。

 早速体験版をダウンロードしてプレイ。操作性やステージ、キャラクタの挙動が想像以上にバーチャロンしていて、それだけでも感動した。それから間もなくソフトを買いに秋葉原へ。

 色々なキャラを試した結果、月影 アヤカさんがしっくりきた。自分の動きをリプレイで確認しつつ、ARCADE MODEオンリーでCPU相手に黙々とプレイ。かれこれ数ヶ月はずっとCPUと戦い続けている。

 だが不満は幾つかある。ダウン時の追い打ちが不可、近接時にクイックステップが未搭載だったり、ダッシュ近接がなかったりと近接関係が今一つ物足りない。Vアーマーもないが、思えばOMG(初代バーチャロン)でも未実装だったし、OMG準拠と思えば悪くない。それにダメージバランスも十分考慮されていてVアーマーがなくとも十分と思わせた。何より、制作者のバーチャロンに対する愛情(こちらこちらのインタビューなど)をひしひしを感じ取れて、いちプレイヤーとして嬉しく思う。


 ブランクが空きつつ、2011年4月。病的なまでに消極的だったが、鞭打って初めてネット対戦デビューをした。対戦後でリプレイで見て変に緊張した動きをしていたものの、終わってみると辛うじて勝ち越した(5戦中3勝2敗)。
 上手い人のプレイを見ていると、動きが滑らかで無駄がない。あの領域に行くには、修行不足だということを実感。


 発売から1年半以上が経っているのに何を今更な感じで書いたヴァルフォースだが、今でも毎晩何人も対戦が行なわれ、月一で大会を開いている。作品が愛されている証左だろう。
 まだ対戦歴が浅いので今月の大会は見送ったが、いずれ大会に出たいと思う。その際にはまた結果を書きます。


 今回の一曲:小山 健太郎 / Everything Merges With the Night

 絶賛稼働中だった当時、ゲーセンに行くとこの曲を良く聴いたものだ。夜のゲーセンとの雰囲気と合っていたからだろうか、この曲が特に印象に残っている。



 追記:書き忘れたが、月影 アヤカさんはヴァルフォース Wiki曰く、「ダッシュ攻撃が弱いグリス」。グリス・ボック使いの身としては必然の選択と言える。ミサイルランチャーとナパーム弾は俺のジャスティス。
posted by 煤 at 05:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴァルフォ大会、そのうち遊びにきてくださいねーBy大会主催
Posted by at 2011年04月29日 12:20
書き込みありがとうございます。

まだ対戦初心者の身ですが、それなりに戦えるよう頑張ります。

参加の際にはよろしくお願いします。
Posted by 煤 at 2011年04月29日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198296930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。