2010年09月27日

アフリカ戦線が二重の意味でアツイ件

 波打ち際に抜き身の烈風丸と震電が流れ着き、「おわり」の3文字。
 光陰矢の如し、と実感せずにいられない3ヶ月間であった。

 芳佳さんの仲間を守りたい一念に胸を熱くし、その横でリーネの良くできた奥さん振りに羨み、ペリーヌのツンツンとしながらも時折見せる笑顔にキュンとし、シャーリーとルッキーニの親子的和気藹々ぶりに和み、トゥルーデの1期以上のお姉ちゃんぶりに姉属性が刺激され、フラウの無双&天使ぶりに癒され、エイラの乙女ぶりにニヤニヤし、サーニャの1期以上に明るく積極的になりながらも儚さを感じたり、ミーナさんの心労&もっさんを陰ながら支える所に愛を感じ、そして徹頭徹尾熱い武人で在り続けたもっさん。501JFWの全員がそれぞれ魅力的に輝いていた。
 他にも、竹井さんやティナ、ウルスラなど(最終話は赤ズボン隊や中島少尉なども出ていたが)他の隊で活躍しているウィッチもゲスト出演したりと、サプライズも随所に見受けてまだまだ広がる世界観にワクワクした。
 501はストライクウィッチーズの世界に入る取っかかりとして良かったし、一応の完結を見たので、次回があるなら他の戦線も見たくなった。いらん子中隊やアフリカ戦線、502・503の面々などをOVAやドラマCDで是非ともやって欲しい。

 それから各キャラを演じた声優の皆さんの熱演が光っていたが、やはり何と言っても途中参加でありながらも見事もっさんを演じきった世戸さん。もし眼前にいたら、最大限の感謝の言葉を述べたいくらい、素晴らしい芝居だった。


 スト魔女2は笑わせてもらったり感動したりと作品として面白かったが、アニヲタとしての熱を取り戻すのに良い機会になった作品でもある。まだまだ公式同人は収集するがてら、これからの展望をのんびり待ちつつ他の録り貯めしている作品を見ることとしよう。


 今回の一曲:谷山 浩子 / テングサの歌

 終末を感じさせない無人の雰囲気がたまらない。

 (注意:前回アップの際、曲が被っていたのを失念しました。失礼しました)
posted by 煤 at 08:18| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

「一生ついて行く」と言う人ほど簡単に袖にする法則

 今日は芳佳さんとサーニャの誕生日。二人ともおめでとう。


 興奮のスト魔女2第1話から早くも一月半が経とうとしている。毎話素晴らしい盛り上がりで最低2回は繰り返し見ている。
 思えば、ここ十年くらい見てきたアニメの殆どが放送終了後にじっくり一括視聴というパターンが大半で、放送中に繰り返し見るということはあまりなかったが、そういう意味でもすっかり生活サイクルに組み込まれていると実感。

 話を戻してスト魔女2だが、芳佳さん(彼女のエロ狸ぶりに敬意を表して)が単身で戦艦を守りつつもじり貧になっていく中でかつての仲間が集結、そしてもっさん自ら魔法力を込めて槌を打った霊刀(魔法刀というべきか)・烈風丸による一撃必殺・烈風斬炸裂の2話。そして先週のエイラーニャの紆余曲折ありながらも超高高度戦勝利後のやりとり

「このまま…あの山の向こうまで飛んで行こうか」
「いいよ。サーニャと一緒なら、私は何処へだって行ける」

が儚くも切なく、また目頭が熱くなった6話。挿入歌の「Sweet Duet」が場面を盛り上げつつ優しく包み込んだのが印象的。爆風でサーニャが飛ばされそうになった時の間はいい演出だった。

 とまぁ感動したのを挙げたが、4話で芳佳さんが何とも言えない眼でリーネの胸を見ていた所、同じく4話でのシャーリーとトゥルーデのイザコザ。特に新兵器を人型GP03と見紛うばかりのフル装備のいでたちがたまんね。そして相変わらずかっ飛んでいたシャーリー。二人ともパワフルだなぁ、としみじみ。


 次のトゥルーデないしシャーリーが活躍する機会を楽しみにしている。
posted by 煤 at 11:12| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

時は流れた!

 もしペリーヌが、ストライクウィッチーズ2の第1話の活動記録を目にしたのなら、溜息混じりにもっさんのことをますます惚れることだろう。


 念願のスト魔女の第1話から早くも約1週間が経った。
 正直、何を書こうか迷った。一つ一つの場面を思い出しながら書いているが、気合の入りようがこれでもかと肌に感じられた。
 などと言いつつも、結局目を追うのは我らがもっさんの勇姿。中でも自ら打った扶桑刀に釘付けになった。先日「聖剣の刀鍛冶」を見たせいか、こういった刀剣の鍛錬描写は特に注目してしまう。とはいえスト魔女2のそれは槌打ちのみだけ留まり、些か物足りなかったが。
 話を戻して、以前の記事でも触れた通りもっさんの声優が変更されたが、いざ世戸さん演じるもっさんを聴くうちに、合う合わない云々をすっ飛ばしてその演技に一目惚れしていた。
 細かく突っ込むと、さえぽんが演じたもっさんは中性的な印象だったが、世戸さんの場合は若干女性的という印象がある。もっさんお馴染みの豪快な笑い「はっはっはっ」を取っても違いはあった。この笑いに限ってはさえぽんの方が好みではある。が、まだ1話での印象だ。これから徐々に演技が変化していくであろうことは言うに及ばず。そういう意味でもこれからが楽しみ。

 他にも、トゥルーデやシャーリーもちょいちょい出ていたし、みっちゃんも怪我をせず元気に芳佳と和気藹々として微笑ましい。今回の土方さんは出番も多く結構美味しい位置にいたんじゃなかろうか。いやぁ、日野ちゃま(日野 聡さん)の低声は同性が聴いてもいいものだのう。

 最後に歌について。前期もだが、今期もOPはワクワクさせてくれるというか、前向きにさせてくれる明るい曲でいい。何より石田 燿子さんの歌は好きなので、起用してくれたことを改めて嬉しく思う。
 EDもお馴染みのキャラソン的な感じだが、聴いていて楽しいのがいい。実に素晴らしいことだ。
 あと、ラジオ「スターライトストリーム」の方でテーマソングが出来上がったが、たかがラジオのテーマソングだろと高を括っていてごめんなさい。予想の上を行く良曲でヘヴィロテ必至。
イベントで歌ってくれたら盛り上がること間違いないだろう。


 今回の一曲:長岡 成貢 / みんなを守るために

 管弦楽が心地良い。ウィッチーズが守るために戦おうと決意する場面が在り在りと思い浮かぶ。2期も音楽担当が長岡氏で良かった。
posted by 煤 at 01:21| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。