2011年12月25日

目標達成

 第6回ヴァルフォ初心者大会、念願だった優勝を手にすることができた。
 今回も1勝できたら儲けものだろう、と思っていただけに、優勝した瞬間思わず両腕を上げ「やった!」と口に出たほど嬉しかった。

 勝因は某ヴァルフォプレイヤーが言った「適当にやればいい」。この一言が優勝に繋がった。
 思えば、本格的にヴァルフォ対戦に明け暮れるようになった6月からというもの、勝つことに対して気負いがあったことは重々自覚はしていた。だが、自覚はすれどどうすればいいのかと自問自答をしていた。

 気負いから生まれる緊張。その上大会の度に緊張を言い訳にし続けた。
 だが、その緊張も自分の実力と認めるのに紆余曲折はあったものの、今大会一月…いや、半月か。それくらい前にやっと素直に認めることが出来た。それからは自分でも分かるほどに不必要な力みがなくなり、リラックスして対戦に臨むことが出来た。勿論、緊張が一切なくなったわけではない。だが、以前より緊張に飲まれず思うように動けるようになった。

 実生活でも、この適当にやるということが上手くいかなかった。言わば、速度が出ているか止まっているかの"遊びのないブレーキ"状態。そこに余裕の持てる余地はなかったが、近年は徐々になくなりつつあった(と、うっすら実感していた)。それでも、まだまだ不必要な力みがあるように思っている。
posted by 煤 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

目標:優勝

 うだるような暑い時季がようやく去り、気候的に長袖を着ないと肌寒くなってきた。


 先日24日、いつもの月例大会が開催された。
 今回の結果は0勝0敗。察しの通り出場していない(実況動画は見ていた)。これには理由があり、月例大会ではしばしば1勝をしているのに初心者大会では未だ0勝のまま。勝敗は時の運でありながらも第2回大会ではサブキャラを、第3回大会では全力でネタに走ったのもある。至極自業自得な結果だが、同じくらい、もしくはそれより短いヴァルフォ歴の人達が次々と勝ち星を上げているのを見て流石に焦燥を感じ、そのけじめとして初心者大会一本で頑張ることにした。

 目標は勿論優勝。できれば卒業まで行けるように頑張りたいが、まずは優勝しないことには卒業もへったくれもない。
 そういうわけで、優勝するまでは月例大会出場を休止することに決めた(緊急要請がかかればその限りではない)。自分を含め参加者皆(個人差はあれど)大会補正がかかるのでそこに勝機を見出せればなぁ、と思う。


 今週末は第4回初心者大会。今回こそ少しでも結果を残せれば…と思いつつ、今宵も対戦に明け暮れるのであった。
posted by 煤 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

こういうのは柄ではない。だがしかし……!

 前回の記事で「制服天使」のことを書いたが、現在キャンペーン中ということで当blogでもバナーを貼ることにした。
 他ならぬ応援している同人サークル。バナーを貼ること、吝かではなし。

 どうやら楽しみにしていたラジオ放送も近日にやる予定のようで、今から待ち遠しい。
posted by 煤 at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

NTRとラジオに期待しています

 (注:前の記事で不覚にもエロゲに関することが混じってしまったので切り離して新たに記事にしました。真新しい文章はないので、既読の方はスルーして下さい)


 ヴァルフォに打ち込んでいるのを横目にどんどん積んでいくエロゲ。なかなか時間を割くことができずいる。そろそろ崩さねば…。
 気がつけば「リザイン」を出したシャーベットソフト(注:リンク先18禁)が新作「制服天使」のキャスティングを発表していたりと若干取り残され気味である。


 9/8 追記
 「制服天使」の所で書き忘れたが、前回に引き続きヒマリさん、篠原 ゆみさん、そして野々村 紗夜さんが起用。おめでとうございます。
 年に1〜2本ペースの同人作品に出演している野々村さんだが、貴重な出演は嬉しいものだ。
 他にも"メイメイ"こと御苑生 メイさんや桜城 ちかさん(近年のMAIKA作品常連の声優)、永倉 仁八さん(「ひめしょ!」のアキヒトや「HimeのちHoney」のマイケルはいい演技だった)など注目ないし贔屓にしている声優が起用されてホクホク。
 と、今作は先の永倉さんを含め男性声優も起用されたようで。恐らく前作での反響が大きかったのだろう。体験版は基本的にやらないので、製品版及び今後の展開が待ち遠しい限り。
posted by 煤 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

雑記 其之二十二

 九月に入り、台風の通過もあってか昼間も大分涼しくなってきた。とはいえ、まだまだ残暑は続くわけだが…。


 数日遅れですが、世戸 さおりさんお誕生日おめでとうございます。


 ついにというか。ストライクウィッチーズの劇場版特設サイトが出来た
 501統合戦闘航空団11人+1人が。はてさて、誰だろう。続報に期待ということで。


 8月の月例大会は、久方ぶりに勝つことができた。これだけでも十分に満足である。その次の戦いではいつもの大会補正とも言うべきか、初心者かというくらいに拙い動きでフルボッコ。毎回のように書くが、試合前までは気持ちは余裕そのもの。だが、ひとたび始まるとどっと緊張が押し寄せてくる。で、あれよあれよという間に…という感じである。今回の初戦も、序盤はやはりそういう感じでピンチだった。

 初心者大会を入れて大会経験はこれで6度目だが、やっと大会の緊張そのものに楽しさを見出せてきた。
 初戦〜2回戦負けの繰り返しでなかなかその上を目指せずにいるが、大会後の後夜祭(大会に集まった人同士でいつもの対戦サーバで対戦すること。いつも以上に来る人が多いのでこう呼ばれる)も一つの楽しみだし、時には大会の借りを返しに対戦する人がいたりとそれぞれがそれぞれに対戦している(人によってはあまり対戦せずにIRCでチャットする人も、各々マイペースにやっている感じがいい)。
 ここ最近はまた迷走常態だが、何とかなればいいか、と口では言いつつみっともなくじたばたじたばたと試行錯誤している次第。
posted by 煤 at 04:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。