2011年09月06日

イヤホン散策(100均編)

 2chのポータブルAV板とAV機器板に「100均(等)で買えるナイスなヘッドホン/イヤホン」というスレがある。100均で売ってるヘッドホンやイヤホン(値段は実売100円〜1000円未満)を購入して品質を報告し合うスレだが、結構前から参考にしている。

 100均のイヤホンというと、お手軽に購入&使用可能な分、値段なりの粗末な出来と考えがち。実際大半の商品が当てはまるが、時たま突然変異的に高品質な商品も出てくることも。
 今は残念ながら入手困難だが、以前ダイソーに525円でインナーイヤー型イヤホンが売っていた。これが525円とは到底思えぬほど高品質なイヤホンで、低音を中心に音の出が良く俺も断線するまで愛用していた。

 今の所100円台でオススメというと、イヤホンではローソン100で売っていたインナーイヤー型イヤホン(パッケージ状態でイヤーパッド装着済)、ヘッドホンではキャンドゥで売っているNo.17101だろう。
 前者は低音が少し出てはいるものの、もこもこしていて音の出も小さい。
 後者は全域にわたって音が出ている。特に高音の音の出が予想以上に良かったのが好印象だが、音の出も若干小さい。だが、これまで試してきた100円イヤホン(ヘッドホン)の中では上々の品質といっていい。外装(特にフレーム部分)が値段なりの出来なので外では使えないが、家で使う分には十分だろう。
 ただし、これに類似したNo.17100は17101とは違ってオススメできかねない品質なので注意。見分け方としては17100はヘッドホン部分からのコードが片出し、17101は両出し。


 ちなみに現在愛用しているのはダイソーで315円で売っている白のインナーイヤー型イヤホン。音は小さくなく、特に低音が力強く出ているは好印象。高音部分の音の出具合がイマイチだが、低音重視派として満足度の高いイヤホンである。
【関連する記事】
posted by 煤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

大会。他、色々と思う所、考えること

 ヴァルフォース第19回大会無事終了。
 司会進行、ヴァルフォwikiの対戦表の更新、実況など、それぞれ運営に携わった方々、同じプレイヤーの皆さん、お疲れ様でした。

 最近は月の最終土曜日に行なう本大会以外にも初心者大会(本大会3位以内の経験者以外が出場できる大会)やランセレ(キャラのランダムセレクト)大会など、大会イベントが増えてきた。それに伴ってか、俺以外の新規プレイヤーさんも徐々に参加するようになり少しずつ大きく盛り上がってきているように思える。

 ちなみに今回は前回よりも更に酷く、5月の大会同様に一回も勝てず振わずで終わった。試合前は平然としていたが、いざ試合が始まると一気に緊張が噴き出し、「あれやらなきゃ」「避けろ」「撃て」「相手を見ろ」等々頭の中がぐちゃぐちゃになり、普段の野試合の方が遥かにいい動きをしていると断言出来るほどダメのダメダメであった。


 今大会で、とある常連のプレイヤーさんが「負けたら大会を引退する」という出来事があった。結局負けてしまい、敗者復活戦もドロップして去った。大会でうだつが上がらない成績の俺も他人事ではない出来事だった。

 練達したプレイヤーさん達から駄目な所のアドバイスを受けて改善に努めながらも、暫く経ってから同じような指摘を何度も受け、それでもなお改善できないでいる。
 自分でも分かっているのにある程度やるとすっぽ抜けてしまい、足を引っ張る不安材料となっている。これがあるせいで、最初の頃より勝率は多少上昇してはいるものの、安定した連勝が出来ないでいる。

 周囲のプレイヤーはどんどん強くなっていくのに、自分は足踏み状態で否応にも焦燥が込み上げる。
「ここで辞めたら楽だろうなぁ」と我ながら後ろ向きな思考だと思うが、ふとした時に思いもよらずに勝てて、それがまた嬉しくてモチベーションに繋がって結局「また頑張ろう」って気にさせる。「365歩のマーチ」じゃないが、三歩進んでも二歩、場合によっては四歩以上下がる時もある。これまではがっついて「強くなるんだ」って気になってやっていたが、大会1週間前くらいから無理をしない範囲で対戦することを第一にしている。より冷静に自分の状況を把握するというのもあるが、対戦のモチベーションを維持できる、という点に於いても重要なことだと思ったからである。

 「まったり」の精神で、これからも改めて精進する次第であります。
posted by 煤 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記 其之二十一

 ナスが美味しく食べられる季節がやってきた。いつでも食べられるように、煮浸し+青じそを細切れにしたものを作り置きしている。煮浸しもだが、麻婆ナスやピザ、パスタなどの具材として活躍している。


 最近すっかりTwitterでつぶやくことが多くなった。使った当時はすぐに飽きるだろうと思っていたのだが、今や毎日のように夜につぶやいている。IRC同様同じヴァルフォースのプレイヤーさん達とも交流ができるツール、という点でも十分役立っている。
 そのせいか、すっかりblogの方がただでさえマイペース更新なのに一層マイペースに。とはいえ短い文章ならTwitterで事足りるものの、やはり長文はblogの方がいい。
 言うに及ばず当blogは長文上等なので、軽くつぶやいたりコミュニケーションを取りやすいTwitterとblogの二体制は好都合といえる。


 Twitter続きになるが、最近Twitter上で島田 フミカネ氏がスト魔女IF(2年後の501+αの面々)の絵をアップしていた(現在は大半が消去済)。全体的に大人びた表情をしているが、眼を引いたのはやはりもっさんと"魔王ちゃん"こと西沢 義子さん。
 もっさんはトレードマークの眼帯がなくなっている。魔法力はなくなったのだろう。優しさを感じつつも武人の表情を失っていない辺り、もっさんらしいなぁと。何とも安心させる顔をしていた。
 魔王ちゃんの方は変わらないとコメントがあったが、キリッとした表情を真っ先に思い浮かんでしまう身としてはあんな穏やかな表情をするのかとドキリとさせられた。だが、とことんまで我が道を往く魔王ちゃんならではの表情と思うと納得。


 今月の501st JFW OAはエーゲル(「エー」リカ・ハルトマン役の"さくにゃん"こと野川 さくらさんと「ゲル」トルート・バルクホルン役の"みけさん"こと園崎 未恵さん)コンビ。終始元気いっぱいのさくにゃんと、これでもかというくらいに作品に関する愛を溢れているみけさんのトークは面白かった。以前さくにゃんの番組「マシュマロたいむ」にてみけさんがゲスト出演したことがあったが、あの延長線上のノリだった。
 それにしても第10回にて、みけさんがあんな可愛らしい声を出せるとは思わなかった。ギャップ萌えと言ってしまうと味気ないが、普段のアルトボイスとは違った一面を垣間見えて得した気分になった。
posted by 煤 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

メーカー出演作品数:14本

 第1作目「守ってあげたい」から今年で10周年となるアトリエかぐや。

 TEAM HEARTBEAT最新作の「禁断の病棟 〜特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録〜」も、例によってももぞの 薫(深井 晴花)さんが起用された。
 最初に起用された「人妻コスプレ喫茶(以下:妻コス1)」から8年。かぐやで数多く起用された声優の中で出演数トップを独走中のももぞのさんだが、先行デモムービーを見ていてふと思った。
 当時妻コス1で深井さんを起用した時、起用したスタッフは如何に思ったのか。一目惚れだったのか。はたまた、起用していく内に彼女の演技に惚れていったのか。

 ももぞのさんへのスタッフの信頼の度合いもそうだが、惰性でこれまで総作品数の約4分の1に当たる14本も起用はできないだろう。
 今や抜きゲーメーカーの大手として君臨しているアトリエかぐや。である以上は、キャスティングは吟味されていて然り。
 他のキャスト陣も(澄白 キヨカさんを除く)一見すれば「霧谷伯爵家の六姉妹」「最終痴漢電車3」からスライドしたかのようなキャスティングだが、現時点でこれ以上望むべくも無いと考慮した上での布陣なのだと俺は思った。
 特にこの かなみさんと春日 アンさんの近年の再起用には大変満足している。ご両人とも、普段の演技はもとより、艶技においても一級品なのは周知の事実。

 最新作ではどんな演技が聴けるのか、今から待ち遠しい。
posted by 煤 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

暑き夜や、強者どもが夢の跡

 ヴァルフォース第18回大会、無事終了。
 実況、運営、参加者それぞれの方々。皆様、お疲れ様でした。


 とりあえず目標は達成出来た。まず1戦目は急に緊張が吹き出してサクッと敗退。ライバル視している相手なだけに、思い出すと悔しい試合だった。その後の2戦目(敗者復活戦)でやっと思い通りに動けて、そのまま勝利。そして3戦目では前戦でのノリを維持しつつ、そこそこいい感じに戦えつつも敗退。前回優勝候補様だけあって悪かったというか次元そのものが違った。

 前回のような無様な試合はしなかっただけ、ちょっとだけマシになったと言った所か。それでも緊張して思うように力が出なかったのは痛い。今回も大量の反省材料を抱えることとなった。


 また対戦と練習に明け暮れる日々が始まる。
posted by 煤 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。